Intelに排除勧告。

Yahoo!ニュース、読売新聞より。

やっと、Intelに排除勧告が決まりました。
これは、基本的にNECや富士通などの既に搭載済みのPCでのシェアが異常だったためでしょうね。

確かに、市場としては元々Intel製品を求める需要は高く、
製品ラインナップとしては、Intel製品を数多く出すのもわかりますが、
AMDや他者製品CPUを搭載したラインナップが対して2~3種類、
メーカーによっては無いという異常事態。(w
Intelによって、何かしらの圧力があったのではないか、と疑われてきました。
それが、圧力があったことを公正取引委員会によって認められたということになります。

AMDのSmpronを使うことで、非常にコストパフォーマンスが高いPCができるなど、
または、ゲーム用途に置いては非常に良い結果を残すAthlon 64搭載機などなど…
AMD製品を使うメリットもあります。
今までは消費者がIntelしか選べない状況にありましたが、
(他者製品を使いたいなら自作ぐらいしかないためハードルが高い、
もしくはマウスコンピューターなどの製品もあるが、これらは一般的な家電量販店で売られていない。)
これらの状況が変わる…という一筋の光明が見えたことになります。

1件のコメント

コメントを残す