天才と奇人は表裏一体。

> Windows Azureは帰ってきたあのサービス?

毎度思うのだけど、Microsoftは先を見すぎなところがありますよね。
それで毎度、一般人には理解もされず、批判ばかり集めるという…

Windows Vistaもそう。
まだRIAがウェブブラウザ上でも普及途上であるにも関わらず、
インターネットアプリケーションとローカルアプリケーションの境界を
無くそうという取り組みがされています。
(無くす、というと語弊があるかも…親和性を高める、が厳密には正解かな?)

RIAはこれから、注目を集め発展してゆくとは思いますが、
いつかはある壁にぶち当たるだろう、という考えがあるようです。
RIAはあくまでも、ブラウザ上にあるものであって、その外に出ることはできない。
OS上に無いが故、常にブラウザの制限を受けつづけるだろう、と。

このあたりはとってもMicrosoftらしくて、Googleの逆の考え方なのでしょう。
Googleは「OSとしてのブラウザ」を考えているように思えますが、
Microsoftは「ブラウザはOSにはなりえない」という意図があるように受け取れました。

結局のところ、MicrosoftはWindowsを売りたいが故に、この手法をとっている、
と言ってしまえばそれまでなのですが、
実際、未だブラウザはOSとしては貧弱で、互換性などの問題も多く、
ユーザービリティからみてもまだまだ発展途上です。
これを業務用途でOSとして採用するには難しいと思われます。

そういった意味では、Microsoftのアプローチはブラウザの現状を見れば正しいのかも知れません。
インターネットアプリケーションとローカルアプリケーションを融合させ、
エンドユーザーには境界を意識させないようにします。
実際には分かれてはいるのですが、ブラウザの発展度合いをみながら、置き換えて行けばよいだろう、と。
もちろん、置き換えない場合もあるのでしょうが。

どちらに転んだとしても、柔軟に対応できます。

コメントなし

コメントを残す

Silverlight2 正式版公開へ

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0810/10/news118.html

Silverlight 2の製品版がまもなくリリースされる見込み。
いろいろ試したいけど、ちょっとそこまで追いつかないなぁ…いろいろとw

そういえば、日立製作所 Cosminexusのメジャーバージョンアップが行われたみたい。
今の仕事でV7使用しているけど、バージョンアップ案件とかきたりするかな…どうだろう?

パッと見た感じはアプリケーションサーバーの変更点はそう大きくないような印象ですけどね。

コメントなし

コメントを残す