KZ-ZS6をノイズキャンセリング化

Amazon.co.jpでふと俗に言われる、中華イヤホンをみかけたのです。。。

中華イヤホンを試してみたことが無かったので、お手頃のものを買ってみました。

あと、ノイズキャンセリング化の元となる、MDR-NWNC33です。

ぱかっとな~

MDR-NWNC33のマイク部分とコード、プラグを使います。

元々スリットがあるので、そこにマイクを埋め込みます。

結構ぎゅうぎゅうなので、接触不良に悩まされましたが、無事にノイズキャンセリング化できたようです。

電車内とかでも無事に効果を発揮したので、2BA+2DDというマルチドライバーなのにノイズキャンセリングできるというイヤホンが出来ました。

しかし、元々Amazonでも評判はよい機種なのですが、確かにすごいコスパです。
音が4000円のレベルじゃないよ… 日本のメーカーならこれで1~2万円ぐらいしてそう…。

重低音というわけでもないのですが、低域ドライバ的には余裕があってNW-A55でイコライザで+2レベルほど上げれば重く響きますし、
高音は過激派の私ですらプラス補正かけないほどのかなりのキンキンさ。イイヨ、個人的な好みにはかなり刺さってマス!
ざらつきもなく、非常に満足度の高いレベルだったので、BAドライバユニット、準備はしていたのですが、換装はしませんでした。

ケーブルはかなり絡まりやすく、ここでコスト削減が強く出てるのかなと思いますが、リケーブルしてしまえばよいですし。

いやぁ、コレ、ホント凄いわ。

コメントが許可されていません