真のマルチメディアパワーを提供するAMD Athlon64プロセッサ

S.Pさんは今日も愛用のiriver H340 HDD内蔵
MP3マルチコーデックプレイヤーのために、音楽の取り込みに大忙しです。
買ってきた音楽CDを、ドライブに入れソフトで取り込み中。
さらに、H340は動画再生も対応したために、DVD動画も取り込みたいと考えました。

幸いなことに、S.Pさんの環境には、3台もの光学メディアドライブがありました。
というわけで、恐る恐るながらもDVDを他のドライブに入れて取り込みを開始…

…あれ?

S.Pさんは動作が重くなることを予想していましたが、
案外処理は重くならずにWindowsは動いていました。
2台も同時に取り込み作業をしているのに。
さらにはもう一方は動画であるにもかかわらず、です。

ちょっとこれならインターネットぐらいなら出来るかな、
と思い、ブラウジングをし始め、
とうとう、今日のお昼の作業の続きをしようと、Adobe Photoshopを起動し始めてしまいました。

…ところがです、Photoshopはものの数十秒で起動し、
さらには追い打ちをかけるようにMacromedia Flash MX 2004までも起動させてみたり。

それでも、あまりの快適さに驚いたS.Pさんはタスクマネージャで確認してみました。
すると、驚くことにCPU使用率は平均15%以下。

おかげで、S.Pさんは時間を無駄にすることなく、
音楽、映像を取り込みながら、自分の作業をすることが出来ました。

強力なマルチメディアパワーを提供するAMD Athlon64プロセッサ。
…それでも、あなたはIntelを選びますか?

AMD Athlon64プロセッサ

…と、IntelのCM風にAMD Athlon64を宣伝してみたり。
ちなみに、実話。

1件のコメント

コメントを残す